6月21~25日の週の午後に、対戦形式のゲームレクリエーションを行いました。
その名も「引っぱれ!しゃくぞうゲーム!」

「しゃくぞう」とは、このぬいぐるみに付けたあだ名です。

しゃくぞうが乗った箱に紐を付け、それを棒に巻き付けて引き寄せます。
しゃくぞうが早くゴールした方が勝ちです。

棒を捻って回すことで、腕の筋肉を使うことや手先の感覚を養うことを目的としています。

職員が試しに行った際は、奥に向かって巻き付けるやり方を想定をしていましたが、ご利用者の中には手前に巻く方や斜めに持って巻く方、手のひらを上向きにして持つ方もおられ、発想の豊かさに驚きました。

ひと巻きで進む距離が短いので、かなり腕の力を使います。
相手が先にゴールしてしまっても最後まで一生懸命引っぱる姿は、とても素晴らしかったです。

「楽しかった。」
「童心にかえれて良かった。」

とのお声をいただき、私たち職員も嬉しかったです。

9月に運動会を予定しているので、また白熱した戦いが見られるで今から楽しみです。

PDリハビリデイサービス かなえるLIFE