こんにちは!
PDリハビリデイサービスかなえるLIFE 責任者の竹田です。

梅が少しずつ咲きはじめ、送迎中も利用者さんたちと春を感じるようになってきました。
さて、2/17(土)かなえるLIFEの初めての試みとして、家族会「cocoroの輪」を開催しました。

当日、小春日和の中、足を運んでくださったのは約30名の利用者さまとご家族でした。

前半、大阪府立大学の高畑進一教授より、パーキンソン病の特徴や生活でできる工夫をわかりやすく講演していただきました。

高畑先生は、100人を超えるパーキンソン病の方へのインタビューを通し、パーキンソン病の方の生活を考えてこられた先生で、当デイサービスのプログラム作成や利用者さんの機能評価等にご協力いただいています。

今回、参加者からは「具体例を交えてわかりやすかった」「もっと話を聞きたい」などの声が上がっていました。スタッフも一緒に講義を受け、大変勉強になりました。

後半、茶話会に移り、ご家族・ご利用者同士でお茶を飲みながら日ごろの話をおしゃべりしました。
皆さん初対面ということもありましたが、初めから和気あいあいとした雰囲気で進み時間が足りないくらいでした。

最後は普段のかなえるLIFEのプログラムの一つ「ラフターヨガ」で大きな声で笑い、終了しました。

かなえるLIFEに来られる方々の多くは、難しい病気と日々向き合っておられます。
一番近くでその生活を支えているのは、医療や介護に携わる誰でもなく、ご家族です。

ここにきて、「いい事知った!」と帰っていただくのもよし。解決できないことばかりでも、「みんなと話してなんだか元気になった!」と帰っていただくのもよし。

いつも頑張っておられるご家族が、笑顔で家に帰れるような「心の輪」を一緒に広げていければと思っています。

家族会「cocoroの輪」は今後も開催していきます。
時期・頻度は未定ですが、決定しましたらご案内させていただきます。

竹田