みなさん、こんにちは!
PDリハビリデイサービス かなえるLIFE 責任者の竹田です。

かなえるLIFE開設から半月が過ぎ、有難いことにご利用申し込みを多数頂いております。
これも、地域の皆様からのご理解・ご協力があってのことであり、日々地域の方々から支えていただいているのを感じています。
誠にありがとうございます。

本日は、当事業所の職員を対象にした研修会を業務終了後に実施しました。
テーマは、「パーキンソン病の介助方法について ~実例を踏まえて~ 」

当事業所はパーキンソン病関連疾患特化型のデイサービスであるため、一般的な介助の知識・技術に加え、疾患特有の知識・技術が必要不可欠です。そこで、かなえるリハビリ訪問看護ステーション サテライト泉州に所属する作業療法士 平野に実例を踏まえ、座学と実技を交えた約1時間程度の講義をしていただきました。

主に、歩く時の体重移動の誘導方法をスタッフ同士での練習。
積極的なディスカッションもみられ、少人数のスタッフながら熱量の大きい研修会となりました。

私自身、介護職員への実技指導の中で、療法士と介護職員での考え方や視点の違いなどに気づくことができました。
普段、仕事に従事しながら感じる疑問などに対して、とても有意義な時間になったのではないかと思います。

今後も継続して研修会を実施し、正しい介助方法によるリスク管理を行うことで皆様がたくさん動けるデイサービスになるよう、スタッフ一同、懸命に取り組んでいきたいと思います。


PDリハビリデイサービス かなえるLIFE 責任者 竹田